2019年9月15日 (日)

プチ援

 18歳の女子大生と、プチ援のつもりだったんだけど、ラブホテルへ行って最終的な男女関係を作ってしまいました。
まっ、男と女の間柄ですから、こんな流れもありって感じなんでしょうね(笑)。

 大手出会い系の掲示板で、プチ援希望の18歳を見て、直ぐにメールをしたのが功を奏したようで、返事は直ぐもらえました。
結衣穂は、6,000円でプチ援希望とのこと。

年齢が18歳なのだから、6,000円は安い部類。
性的な不満も強まっていましたから、相手確認しないで待ち合わせを決めてしまいました。

 大手スーパーの駐車場で、待ち合わせをすることに。
到着をして、屋上の駐車場に停車。
結衣穂に「屋上の駐車場で待機している」と、通知を送っておきました。
20分ほどして、結衣穂からの通知が返ってきました。
「今、屋上駐車場に到着しました」
スマホを持って、キョロキョロしている女の子を発見。
あれ?
あれれ?
あの子?
ほんとにJD?
それだけ、幼く見える小柄な女の子でした。
車の中に連れ込んで「ほんとに、女子大生なの?」って、聞いてしまいました。
「証拠見せますよ」と、学生証を見せてくれると、確かにそう。
「安心しました?」
「安心したよ(笑)」
そこから、しばらく雑談に励むことにして、相手をリラックスさせることに。
車内のフェラ

 落ち着いた頃合を見計らって、早速車の中でフェラをしてもらうことに。
そもそもプチ援希望なのだから、この辺は問題なくスタートできました。
さっさとズボンとパンツを下げちゃって、ジュニアを見せ付けていきます。
すでにオッキしているチンコ、結衣穂は優しく握り締め、シコシコ始めてくれました。
そして、愛くるしい口にいれてペロペロとおしゃぶりを始める。
気持ちは良いけれど、年齢的にテクニックの部分でちょっと不満があったりして。
「ごめんなさい、私下手なのかな?」
「そんなことない。気にしないで。悪いんだけどオッパイも触らせてくれると言いかも」
「うん」
オッパイを触ると、彼女が反応を始めてしまうんです。
そこで調子こいて、スカートの中にも手をいれる。
「そこは…ダメです・・」
さらにパンツの上からオマンコを弄る。
彼女の表情が、大きく変化をしました。
「どうせなら、ちょっとホテルでいちゃついていかない?」
「・・・」
「悪いようにはしないよ」
「う、うん・・」
承知してもらい、車を走らせラブホテルへ直進でした。

 ホテルに着いて一緒にシャワーして、ベッドで濃密大人タイム。
結衣穂も、めちゃ喘ぎ声だして、マン汁も溢れさせて感じまくってくれました。
帰りがけに本番しちゃったからと、1万円を渡したところ「いいんですか?」って、すまなそうな顔をしていたところが、とってもキュートでした。
「もし良かったら、次回別2で楽しまない?」
「は、はい…」
驚いた様子でしたが、条件は納得してくれたようです。
プチ援から本番で出費増えましたけれどね、全く問題ありませんでした。
フェラ友
トイレフェラ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ